居宅介護支援センター いぶき

目的

行政・包括支援センター・他の居宅介護支援事業所・介護サービス事業所等と連携し、地域で生活されているご利用者が、できる限りご自分の力で生活を送れるよう支援させていただきます。また、自社の介護サービスに偏ることなく地域の介護サービス事業所と共存・共生し合いながら、地域における介護力の底上げを図りたいと考えています。

サービスの詳細

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、介護を必要とされる方が身体的・精神的な状況に合った適切な生活支援を受けられるよう、ケアマネジャーがご利用者の相談や要望に応じてケアプランを作成し、そのプランに基づいた適切なサービスが提供されるように事業者や関係機関との連絡・調整をおこないます。

ケアプランとは、要介護認定を受けた方が介護サービスを利用される際に必要となる大切な書類です。
ご利用者が自立した生活をする上での希望や要望等を目標として設定し、達成に向け利用すべき介護サービスの内容等を記載した「介護利用計画書」のことを指します。
ケアマネジャーはご利用者の元へ月に1回以上足を運び、ご利用者へモニタリングを行います。そこで生活状況、目標の達成度に応じ適宜プランの見直しを行います。
要介護認定の更新、変更届の市区町村への提出等の代行も行いますので細やかなマネジメントをします。ケアプランは介護保険が適用となりますので利用者負担は発生しません。